位置。位置。位置。 - Eight Inc.

位置。位置。位置。

By Hector Moll-Carrillo 6月 18, 2013

新しいiWordはすでに私たちの語彙に属していますが、iBeconsという言葉が今話題を集めています。小売店、美術館、スポーツ会場がこのBluetooth Low Energy(BLE)を使った新技術を取り入れたことでテクのブロゴスフィアや主流のメディア の間で注目されているのです。そこで、デザイナーや私たちのクライアントは当然ながら「iBeaconとは何?私とどう関係するのか?」と思うでしょう。

この新しいテクノロジーは、iBeaconが設置された場所に近づいたり離れたりするとiPhoneやiPadのアプリへ情報が通信されます。つまり位置情報サービスの延長です。(完全な解決策ではありませんが、システムの一貫としてブロックを建てる発想です。)例えば、人がある場所に到着したり、近辺でうろうろしていたり、または、ある位置を離れたりするとそれをiBeaconが認識し、そのタイミングで必要な情報を発信します。「こんにちは」や「さようなら」のメッセージは、仕事場、ライブ、遊び場でiBeaconを使用するキーポイントになります。「入場」や「退場」する行動を認識し賢明に対応する機能があることで、順次顧客をサポートすることが可能となり、様々な環境の中でかつての行動や新しい行動に刺激を与えることができます。

iBeacons’は注目されていますが、ユーザーが必要ない場合、必要ない場合、iBeaconsに全く気付いていない場合を考えてみてください。iBeaconはWiFiとは異なります。お気に入りのカフェが「WiFi無料」と提示している場合、WiFiは至る所に存在するもののため「目に見える」機能です。従って、それは当然使えるインフラとは考えられていません。一昔「エアコンあり」という提示があった時代がありましたが、それと似通っています。

一方で、iBeaconはテクノロジーが見えないことで発揮しますが、実際の機能を遂行する時は明白で適切です。ユーザーが考える必要のない環境で、どんなオプションがあるのかなど次の行動を提案します。ユーザーに快適で、便利で、すぐ利用できるサプライズを提供することが可能となります。サプライズは、喜びの根本要素です。喜びはポジティブなブランドイメージを認知させ、リピート客を作り、口コミが広がり熱狂的なユーザーを生み出します。

新しい技術を上手く利用する場合、まずハリウッド映画「エネミー・オブ・アメリカ」や「ワールド・オブ・ライズ」、シリアナのシングル「high value targets」で謳われている位置追跡の概念の考えを手放してください。なぜなら今日の技術で多くの人や物体を精確に追跡することはできないからです。がっかりはしないでください。特にiBeaconの補充的技術と正当なデザインの考えの基で使用は、素晴らしいメリットと多くの新しい機能を得る事ができます。

ibeacon

iBeaconとの仕事では、基本ニーズである「経験の空間」に定規や格子で境界線をつくることを思い出させられました。秘訣はBeaconに対応してるレシーバーにあります。正確にはどこにiBeaconの機能が存在するでしょうか?それは静止と動く要素の動的に作られたネットワーク上に分散しています。しかし、デザイン、インテリジェンス、マナーが加わったりもしますが、iBeaconはiOSデバイスにあり、探知するiBeacon認識アプリが機能している場合のみ起動します。

テクノロジー·コンポーネントは、原則的には決してスマートではありませんが、それは問題にはなりません。必要な役目は、始動や伝達、出来事の検知、およそのロケーションの報告です。これは人間・ユーザーのノードであり、利便性と喜びの網を捕らえるものです。

度々Eight Inc.では、環境を通して人が動く行動を以下3つの「散歩する」、「考える」、「参加する」で説明します。デザイナーはユーザーの必要とする状態を解釈し、さらに変化するモチベーションや精神状態も理解する必要があります。小さな小売店、大型美術館のスペース、携帯・アプリ(携帯の作用に変化するもの)のような人が持ち歩くもの。全てはユーザーの変化する関心と意向を受け入れるかどうかにかかっています。

ほんの短いスパンで、iPhone やGalaxyは携帯、カメラ、車のナビ、ウェブのブラウザー、本、ポータブルゲーム機、などになりました。これら各「ガジェット」はそれぞれ異なる人間工学の足跡があります。時にはiPhoneは課題の中心(例:読書)となりますが、周辺機器(車のGPSナビ)にもなります。空間内に「経験」をデザインする際、iBeaconを使って顧客のいる場所を推測し、コンテクストな価値を提供しますが、それぞれの人間工学の足跡を正確に推測または伝達しなければなりません。

アプリを切り替えるとき、人は意識的に1人間工学的足跡から次の足跡へ乗り換えています。
もし携帯とアプリがよくデザインされている場合は、美しく同時についてくるでしょう。しかし、あなたが環境を移動する時、例えば スポーツ会場、小売店、博物館、職場、サンフランシスコやロンドンの道などは、一緒に同行し、素晴らしい時間を過ごすための手助けができますが、人の意図、ニーズ、期待、をはっきりと認識するのは困難です。

例えば、博物館を訪れているとき、基本的ユーザーの行動は「散歩する」ことです。何にコミットすることなく、スペース内を単純に歩き、建物やスペースの内容を吸収します。これは非生産的な行動のように聞こえますが、そうではありません。「散歩する」行為は、恋に落ちるようなものです。カップルはよく散歩します。散歩することでお互いの相性がいいかどうかすぐに理解できるからです。料理のメタファーに例えるととりあえず材料を煮立てることです。

inline-534d13906c0d7-1000-750

「考える」ことは、「散歩する」と「参加する」につながっています。散歩を続けるにあたってどのみちへ進むか、または特定の活動や事項に参加またはフォーカスすべきか、をどこでいつ決断をするか一時停止している分岐点です。散歩は主に周辺視野の先入観であり、離れた場所から眺めて意識が空想と深遠の間にあり、フォーカスできていない思考 、それと疑念が停止したような状態であり、映画や劇場が誘導することに似ています。すぐれた小売業者はよくこれをよく理解しています。

突然ある場所に来たり、見たり、においを嗅いで意識がフォーカスされたとします。または、iPhoneや環境の中にiBeaconを意識した要素で、何かのメッセンジャーを発信したとします。ピカソの絵で立ち止まりますか?今いる場所から眺めますが、それとももっと近づきますか?他の来館者が観終わるのを待つ忍耐はありますか?身を乗り出して絵の解説を読みますか?絵の写真を撮りますか、でもそれは許可されていますか?一緒にきた家族や友人は背後にまだいますか、それとも既に前方に移動しましたか?

「参加する」は、このような質問に答え、行動するとき始まります。スマートiBeacon展開は、コンテキストの理解を深め、どのように手助けすればいいのか助けとなつてくれます。ロンドンのナショナル·ギャラリーでアートを観るよりサンフランシスコのブルーミングデールのデパートでブランドものや洋服に興味があるかもしれません。iBeaconは、携帯電話で次の「散歩する」場へ案内し、「考える」、「参加する」ことへ導きます。Eight Inc.は一つのチャンネル以上のことを提供したいと思っています。

inline-534d13b940821-1000-750

極端に狭い視野を創る事を避けるのはとても大切です。携帯電話はいとも簡単に全ての経験を一カ所に集めることができるからです。それは、周りの空間に光を灯し経験を広げるのではなく、懐中電灯やの点火棒ような強制的に使用なものであり、小さな表示域へある環境から発信される全てのメッセージと小さな画面を通してその環境にいる人の行動をチャンネルするからです。それは「拡張する現実アプリ」と呼ばれ問題視されています。1つの小さな装置が人間工学的スタンスと全てを取り持ち、意図せずに現実感を減らすからです。極端に狭い視野は、頓挫と制限をつくるだけでユーザー・エクスペリエンスを向上させることはできません。Eight Inc.のデザイナーは、ダイナミックな経験の範囲を維持し、豊かにしたいと思っています。従って、iBeaconを直接ユーザーのためでなくアプリにメッセージを送る為に使います。誰もがあからさまなことに飛びつきます。それは広告やクーポンで責め立てる事です。私たちはもっと自然で魅力ある効果を考えます。Webを閲覧する際、それを追跡されていると知ったら嫌な気持ちになるでしょう。現実の世界でそんな事がおこったら経験事態も破壊されてしまうでしょう。直ちに人は実際の日常の行動を無視する位置認識のアプリをオフにし、先に説明した環境での3つの行動パターンは非公式スイッチが入り分からなくなってしまうでしょう。もし環境内のものをコントロールする操作ができ、今、楽しんでいる環境事態を邪魔せず自然に注意を引くような誘いができたらどうでしょうか?

iBeaconには、仕掛け線のようなのはなくディバイスによって検波するという素晴らしい強みがあります。あなたが今ここにいるのがわかります。社会的品位が欠けているアプリで人を遠ざけしまうのではなく、洞察力と判断で歓迎し喜んでもらいたいと思っています。

Eight Inc.の考えるオム二・チャンネルとは電話・ファックス・メール・ツイート・フェイスブック、バナー広告、タンブラー、ピンタレスト、また、うるさくせがんだり、一度のデパート靴売場訪問で何度も挨拶をされたりするような事ではありません。現在位置を把握することに加え、行き先を記憶し、状況によって会話までも調整します。優れたデザイナーは、デザインされた環境の中へシンプルな冒険的行動により知性、心遣い、意図を提供します。Eight Inc.では技術をiBeaconのように捉えています。つまり、人の経験をより近くで理解し、完璧に近づき、微調整ことで、それは私たちの探究心のような拡張機能を歓迎するということです。

Hector is Director of User Experience at Eight Inc. He writes from our San Francisco studio.